FinTech Dialy

FinTech Diary

FinTechのこととかクレジットのこととか。金融・ITの話題を中心に書いていきます。

【セキュリテ】クルミドコーヒーファンド第2回経営報告会に参加しました

今更ですが…

6/15(土)にクルミドコーヒーファンド第2回経営報告会に参加したときのメモφ(..)

 

クルミドコーヒーファンドとは

//ファンドの説明

名前はクルミドコーヒーファンドとなっていますが、クルミドコーヒーとはまた別のコンセプトとなっている「胡桃堂喫茶店」のファンド。上記のファンド名になっているのは当初は屋号未定だったため。

www.securite.jp

 

www.youtube.com

 

投資家特典の写真は下記記事にあります(地域通貨ぶんじとオリジナル缶バッチ)。

fintechdiary.hatenablog.com

 

参考記事

greenz.jp

 

//第1回 胡桃堂サロン

記事にはしていませんでしたが、「胡桃堂サロン」という経営報告とはまた別に状況報告のような会があり、以前一度参加したことがあります。

メールを辿るに2017年9月20日だったので、今回は約2年ぶりのイベント参加となりました。

 

下記は胡桃堂サロンに関する下山さんの記事です。

下山さんとは胡桃堂サロンで知り合い、今回久々にお会いすることができました。

www.shimoshun.com

投資に関する記事を書かれており、いつも参考にさせて頂いています。

このような出会いがあるのも、イベントの楽しみの一つですね!

 

//第1回 経営報告会

第一回は参加できなかったのですが、下記にセキュリテのレポートがあります。

参考:クルミドコーヒー経営報告会に行ってきました!(セキュリテニュース)

www.securite.jp

 

第2回経営報告会

胡桃堂サロンと違いカフェではなくイベント会場(cocobunjiプラザ)での実施。

影山さんから年間の報告⇒各担当スタッフさんから報告⇒質疑応答⇒交流会 の流れ。

 

//一年の振り返り(影山さん)

しばらく見ないうちに色々な企画が進んでおり、出資した甲斐があったというもの。

古代赤米など、今後も色々と面白くなりそうな予感。

また、胡桃堂サロンでも感じましたが、経営方針というか店の在り方、育て方に対する強いこだわりを感じました(植物を育てていくような感じ)。


//胡桃堂喫茶店(吉間さん)

これまでのエピソードなど諸々。

新メニューができては消えたというカンブリア紀(!?)の話など、店の成長の過程を色々と伺い知ることができました。

丸ごとメロンアイス(うろ覚え)?とか、是非食べてみたかったですね('﹃' )

 

また、社風というか、自主性を重んじる気風?についてなど。

スタッフの皆さん一人一人の個性あってこそのお店なのだと感じました。

だからこそ、メニューや内装から様々なこだわりを感じることができるのではないでしょうか。


//胡桃堂書店(今田さん)

書店の状況、読書会の話など。

東洋的考え方に関する読書会にて、鈴木大拙で心が洗われる話(!?)など。

他には、誰にも読まれなかった本にとあるお客さんが感想を書いたメモを貼ることで、読まれるようになったというエピソードなど。単に書店を併設したカフェと違い、このような交流があり得るのが胡桃堂書店の魅了の一つと言えるでしょうか。

 

それと、出品もできることを初めて知りました(地域出品システム)。

kurumido2017.jp


//国分寺赤米プロジェクト(坂本さん)

古代赤米を復活させようというプロジェクトの話+その他の農作業の話。

古代赤米を見つけた経緯や地域で広げようとしている話など、大変情熱を感じました。

 

赤米は以前限定メニューとして出されたことがあるようです。

次はいつになるでしょう(・・?

いずれレギュラーメニューになるといいですね。

kurumido2017.jp

 

ちなみに、お土産として少量の赤米を頂きました!

f:id:natsumedeus:20190717032942j:plain

家族で美味しく頂きましたm(_ _)m

少量なので、白米に混ぜて炊いてます。

大きさは白米と同じですが、少し硬く、味は薄目で麦ごはんに近いような触感でした。とろろが合いそう?

f:id:natsumedeus:20190717033108j:plain


//質疑応答

出資者から色々な意見やエピソードなど。

要望も多々ありましたが、「スタッフさんの負担も考えた上で~」といった感じで、温かい意見が多かったですね。

中には北海道や名古屋など遠方から来られた方や、熱いエピソードを語られる方もおり、前回の胡桃堂サロンでも感じましたが、熱心な出資者さんが多い印象でした。

 

また、「遠方だとなかなか状況が伝わらない。」という意見について、

一応ブログやTwitterである程度情報を得ることは可能ではありますが、改善の余地はあるかなとも思います。

 

kurumido2017.jp

 

twitter.com

下記は私の意見ですが…

・記事一覧ほしい…ほしくない?

・月間アーカイブが機能してない?(ちゃんとリンクしてない?)

・胡桃堂歳時記(メルマガ?)は準備中…事前登録とかできない?

・ブログとTwitterが相互にリンクしてた方が親切な気はしますが…意図してそうしている?


//交流会

普段はなかなか交流する機会がないので、有難いですね。短い時間でしたが、色々な話を聞けてよい刺激になりました。次回はもう少し時間があるといいかな。

・地元の方は日ごろから結構通ってらっしゃる方も。読書会や囲碁サロンなど、様々なイベントあり。私は距離的に通えないのが残念 ; ;

・ファンドと関係ないが、分配金の使い方がわからない、どうやって引き出すのかわからない、という話も。あまり頻繁にログインしない方にはわかりにくいのかも…セキュリテのサイトに改善の余地あり?

・大学から研究の一環で参加されたという方も。 

 

//胡桃堂喫茶店で夕食

せっかく国分寺まで来たので、経営報告会の後にお店にも行くことに。

以前胡桃堂サロンで来た際には出資者の集まりだったので、お客として来たのはこれが初めて。

前回は上の動画にも出てくる「お月見定食」を食べましたが、今回は「蒸し鶏定食」でした。素朴だが贅沢な味わいでした('﹃' )

kurumido2017.jp

 

店内の様子は下記記事参照。

www.housemate-room.jp

 

閉店間際の来店だったのであまり中を見る時間はありませんでしたが、それでもメニュー冊子や内装の諸所に様々なこだわりを感じ取ることができました。

メニュー冊子は後ろの方に胡桃堂通信?的な説明があり、待ち時間に読むのにちょうどいい。そして最後にイベントカレンダー付き。

内装は、棚に自由に使える文房具が置いてあったり、果物の瓶詰が飾ってあったり、いたる所に本があったり…

それと、自由帳に色々書いてあり、それが結構なページになっていて、いつの間にか歴史ができてるんだなと実感。

 

とても独特な素敵空間なのですが、語彙力不足で上手く説明できません(><;)

興味のある方は是非実際に訪れて頂ければと思います。

 

お洒落なお店ゆえ、私のような陰キャシャイな人間には若干敷居が高い感じはしないでもないのですが、平日夜が割とすいてるらしいので、そういう人気のない時にこっそり行ってみるのがよいかもしれません(ラストスオーダー20時半、21時まで営業)。

 

まとめ

三点あります。

①出資による貢献の実感

この報告会で、また、実際に来店してみて、二つとないオリジナリティ溢れるお店に成長したのではないかと感じました。

そして、その成長に微力ながらも貢献できたことを大変嬉しく思います。

やはり実物を見るのが一番実感が沸きますね。

 

②ファンドに対する理解不足

それと感じたのは、出資者でありながら胡桃堂喫茶店について知らなすぎる。

ので、この記事でもあまり魅力を伝えられていないというのが正直なところ…

これは別にこのファンドに限った話ではないのですが、色々投資はしているが、それぞれについて深堀できていない。

 

③出資者としてどう関わるか

出資者の条件として必須なのは出資することなのでしょうが、せっかく出資するからには、金銭的な関わり以上の何かがあれば、それはとっても嬉しいなって。

 

私にできるのは、ブログ記事やTwitterで紹介する程度なのですが、それでも微粒子レベルで貢献できる可能性があるのではないか…きっと何もしないよりはよいのではないか…と考えて記事にさせて頂きました。

 

これまで出資してきた他のファンドについても調べ直し、記事に書き起こすというのもありかもしれません(やるとはいってない)。

 

この辺りは色々と、投資を続ける限り考えないといけない課題になりそうです(・・

 

 

【ソーシャルレンディング】クラウドリース全件期失と投資先変更の検討

クラウドリース全件期失

今更ですが、クラウドリースの投資案件が全件期限の利益喪失、つまり返済遅延となりました。

元本は100万円で、これまでの利益約10万円も全て再投資していたので、合計で110万円ほどの額になります。

今回は、このような事態に至ってしまったことの反省、および、投資先の変更について検討します。

 

遅延関連記事

今までこの手の記事は他人事だと思っていましたが、今回はめでたく当事者となりました(⌒-⌒)

www.crowdlease.jp

 

xn--w8j5csh0b7a9a9dzlsck1fc3iz411g72ra.com

 

www.sl-gakkou.com

 

ソーシャルレンディング関連事案

ソーシャルレンディング業界ではこれまで様々な事件が起こってきました。

警戒するに足る情報はいくらでもありました。

 

//みんクレ

www.sl-gakkou.com

 

//ラッキーバンク

www.sl-gakkou.com

 

//事件まとめ

inorepo.com

 

//maneoグループ関連

グリフラ、ガイアファンディングに問題が起きた時点で、次はクラウドリースである可能性は十分考えられたはず。まあ後の祭りです。

www.sankei.com

 

www.sl-gakkou.com

 

www.sl-gakkou.com

 

//その他記事

賢い人は引き際が上手い。

key-factors.com

 

事業者リスク>案件リスク

hedge.guide

 

反省

今回の事態は、ひとえに私の怠慢の致す結果です。

ソーシャルレンディングに関しては多少リスクを取っても利回りを追求するスタンスで投資してきましたが、不用心が過ぎました。

また、仕事が忙しくなってきたというのもあり、危険な情報を見ても何も考えずそのまま再投資し続けてしまっていました。

 

幸いその他のサービスにも分散して投資していたため、そこまで大きな被害にはなりませんでしたが…

 ソーシャルレンディングのリスク(特に事業者リスク)を再認識し、今後はより慎重に投資先を検討する必要があります。

 

投資先変更の検討

maneoは最初に口座開設したソーシャルレンディングなので思い入れはありますが、投資先の変更を検討せざるを得ません。

 

maneoグループからの引き上げ

maneoグループ(と言っても私の場合はmaneo本体とクラウドリースだけですが)からは資金を引き揚げます。

クラウドリース分は授業料だと思うことにします。

現在maneoに投資中の資金は返済され次第引き揚げます(一部は残すかもしれません)。

 

maneoには色々と思い出があります。

maneo主催の勉強会に参加したり、瀧本氏の下記動画などでも色々と勉強させて頂きました。甘い考えかもしれませんが、今後業務が改善されていくことを期待して、一部の資金は残しておこうかと考えています…

 

//第1回 三橋貴明氏に教わる 【お金とは何か?】

www.youtube.com

 

//【字幕付き】海外のソーシャルレンディング カーネルがUKの専門家に聞く!

www.youtube.com

 

新たな投資先

クラウドリース/maneoの代わりとなる投資先を検討します。

新たな投資先は下記を検討しています。

一部は既に口座開設・投資を開始しています。

 

SBIソーシャルレンディング

SBIグループの安心感があります。

既に口座開設し、SBISL不動産担保ローン事業者ファンドに出資済み。

www.sbi-sociallending.jp

〇よい点

・SBIグループの安心感

・常時募集ファンドあり

 

×悪い点

・投資申し込み受付開始直後はサイトが非常に重くなる(実体験)。

 5月にサーバ増強予定とのこと。

・サイトが使いにくい、見にくい(実体験)。

ロールオーバーが分かりにくい(初見です)。

 

Funds

ソーシャルレンディングは投資先が匿名の場合が多いが、こちらは投資先が明かされているのが◎

funds.jp

 

運営はソーシャルレンディング系メディアのクラウドポート。クラウドポートといえばソーシャルレンディング比較サイトだったが、そっちの方はいつの間にか事業譲渡されZUU fundingに。名前は変わっても使いやすさは相変わらず。

funding.zuuonline.com

 

FANTAS funding

不動産投資系。空き家再生PJなど。新しい事業者なので実績は少ないが利回り高め。

飛びつきたくなるが事業者リスク考慮し少なめにしておくべきか。

www.fantas-funding.com

 

bank-academy.com

 

maneo等は事前入金ですが、これらのサイトは募集後の入金もOKなのがうれしい。

 

WealthNavi for 住信SBIネット銀行

話がそれますが、こちらは別の事情で投資することにしました。

その事情とは、「THEO+住信SBIネット銀行」のサービス終了です。

www.netbk.co.jp

 

住信SBIネット銀行には「スマプロランク」というランク制度があり、サービスの利用状況によってランクが決まり、出金手数料や振り込み手数料等の優遇を得られます。

www.netbk.co.jp

 

ランク3の判定条件に「ロボアドバイザー資産運用残高の合計が月末時点で100万円以上」とう条件があり、「THEO+住信SBIネット銀行」か「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」がその対象でした。

しかし、「THEO+住信SBIネット銀行」はサービス終了となりました。

私は「THEO+住信SBIネット銀行」の利用によりランク3判定を得ていたのですが、それができなくなったため、この機会にWealthNaviへの投資も開始することにしました。

 

「THEO+住信SBIネット銀行」は通常の「THEO」に自動で切り替わることとなります。THEOの資金はそのまま運用を続け、WealthNaviには新たに資金を投入します。

どちらもロボアドバイザーなので両方に投資する意味はあまりないかもしれませんが、両方の運用実績を比較するのも面白いかなと思います。

 

おまけ

ポイントサイト経由で投資口座開設

SBIソーシャルレンディング、FANTAS fundingはどちらもハピタス経由で口座開設しました。口座開設+投資がポイント獲得条件で、二つ合わせて約5000円分のポイントになります。

m.hapitas.jp

WealthNaviの広告もありましたが、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」とは別物なので、広告は利用できませんでした…。

 

新たな投資先や銀行、証券、FX、クレジットカード等の口座を開設する場合は、必ずポイントサイト経由で開設するようにしています。

ソーシャルレンディング系だと、大体1000円~3000円分程度のポイントが貰えます。

銀行、証券は少なめで1000ポイント以下、クレカは年会費無料でも1000~キャンペーン中なら5000ポイント程度。FXは10000ポイント以上もありますが期限内にそれなりに取引する必要があるので注意が必要です。

 

複数の投資先を電子家計簿で管理

色々と投資口座を増やしていくと、資金の管理が面倒になってきますが、そんなときは電子家計簿が便利です。中でも、私の一押しはマネーフォワードです。

app.seedapp.jp

無課金だと数に制限はありますが、金融機関を連携して残高等の情報を自動取得することができます。各種金融機関の残高情報等をまとめて確認でき、各サイトに一々ログインする手間が省けます。

私は無課金ですが、銀行、証券やロボアドなど動きのあるものは連携して自動更新、ソーシャルレンディングなど動きの少ないものは手入力にすることで、制限数内に抑えています。また、クレカも連携しておいてこまめに利用履歴を確認し、不正利用がないか確認することをお勧めします。

 

おわり

授業料は高くつきましたが、今後に活かしていくしかありません。

本件をきっかけに新たなサービスを利用する機会も得られたことですし、反省しつつも気持ちを切り替えていきます。

ここで挙げた新たな投資先含め、今後も引き続き新たなサービスの実体験をお伝えしていければと思います٩( 'ω' )و

 

 

【ブログ作成】Google+サービス終了に伴うブログデザインの修正

Google+が2019年4月にサービス終了するので、先に対応しておきましたφ(..)

 

Google+終了のお知らせ

Google+自体は使用していないのですが、はてなブログGoogle+のシェアボタンを設定していたので、外すか、別のものに置き換えて対応することにしました。

www.itmedia.co.jp

 

修正内容

対応ヶ所

記事下のシェアボタンを修正しました。

【修正前】

f:id:natsumedeus:20190211194252p:plain

 

【修正後】

f:id:natsumedeus:20190211194537p:plain

 

対応内容

ダッシュボードから、「デザイン設定」⇒「カスタマイズ」⇒「記事」と進みます。

①ソーシャルパーツ

Google+1ボタンの選択を解除します。替わりに、Tumblrを選択しておきました。

変更内容は「記事ページをプレビュー」で確認できます。

f:id:natsumedeus:20190211195128p:plain

 

②記事下HTML

先ほどの「記事」の下方にある「記事下」のHTMLを修正します。記事の左下に固定で表示している半透明のシェアボタンはこちらで設定しています。

f:id:natsumedeus:20190211195754p:plain

 

こちらは下記記事を参考に設定しています。

www.lisz-works.com

 

Google+の替わりに、LINEの共有ボタンを設定することにしました。

下記に修正箇所のみ抜粋します。

 【修正前】

    <!--Google+-->
    <a href="https://plus.google.com/share?url={URLEncodedPermalink}" onclick="window.open(this.href, 'Gwindow', 'width=650, height=450, menubar=no, toolbar=no, scrollbars=yes'); return false;" class="googleplus-button">
      <i class="fa fa-google-plus"></i><br>
      <span class="small-text">Google</span>
    </a>

【修正後】

    <!--LINE-->
    <a href="//line.me/R/msg/text/?{Title} {URLEncodedPermalink}" target="_blank" class="line-button">
      <i class="fa fa-comment"></i><br>
      <span class="small-text">LINE</span>
    </a>

 

LINEボタンの設定は下記記事を参考にしました。

www.stdio.jp

 

 ③デザインCSS

「記事」の最下部にある「{}デザインCSS」からCSSを修正します。

f:id:natsumedeus:20190211204301p:plain

下記に修正箇所のみ抜粋します。

 【修正前】

.googleplus-button {
background: #dd4b39;
}

【修正後】

.line-button {
background: #00C300;
}

 

その他修正点

記事の読み込みが遅いかな(・・?と感じたので、ブログパーツをいくつか外しています。以前のデザインは下記参照。

fintechdiary.hatenablog.com

 

【Twitter】リスト/モーメントまとめ

あまりメンテできていませんが、せっかく作ったのでご紹介しておきたいと思いますφ(..)

 

リスト

FinTech

twitter.com

 

IT

twitter.com

 

クレジット

カード会社/ブランドなど

twitter.com

 

暗号通貨公式

通貨や取引所の公式アカウント

twitter.com

 

暗号通貨

暗号通貨界隈

twitter.com

投げ銭

暗号通貨の投げ銭botなど

twitter.com

 

ノブレスオブリージュ

現代のノブレスオブリージュ(暗号通貨のtipなど)。

twitter.com

 

株式

twitter.com

 

クラウドファンディング

ソーシャルレンディングクラウドファンディングなど

twitter.com

 

その他金融決済

銀行・証券会社公式、その他決済サービスなど

twitter.com

 

 

プログラミング

twitter.com

 

メディア

twitter.com

 

ブロガー

twitter.com

 

ソシャゲ

ソシャゲ公式等

twitter.com

 

#コンパス

ソシャゲの#コンパス

twitter.com

 

社畜少女リリカ

#コンパスのギルドの仲間

twitter.com

 

バーチャルYouTuber

twitter.com

 

 

アニメ・ゲーム等

twitter.com

 

イラストレータ

絵師様

twitter.com

 

 

 

モーメント

いつのまにかスマホからだとモーメントを編集できない仕様に変更されていました。

私はこの機能割と気に入っているのですが、そのうち廃止されてしまうかもしれません∩(´;ヮ;`)∩

Vtuber

twitter.com

 

暗号通貨

twitter.com

 

XRP

twitter.com

 

MONA

twitter.com

 

XP

twitter.com

 

NEM

twitter.com

クレジット

twitter.com

 

キャッシュレス

twitter.com

 

Medium

twitter.com

 

はてな

twitter.com

 

二次元イラスト

twitter.com

バンドリ

ソシャゲ「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」関連のイラスト等

twitter.com

 

#コンパス

ソシャゲ「#コンパス」関連のイラスト等

twitter.com

 

おまけ:ツイートまとめ

一日のツイートをまとめて記事として投稿する別ブログを作成しました。

natsume410.hatenablog.com

 

私のツイートは通勤中にSmartNewsで見たニュース記事の連携がほとんどです。

キャッシュレスとかクレジットとか、自分の興味のある記事を備忘録的につぶやいています(一部萌画像が紛れ込みます)。

なので、一日のつぶやきをまとめるとその日の備忘録が完成します。 

 

自動投稿は下記記事を参考にしました。

www.hinapishi.com

 

 

できれば、自分の興味ある記事を自動収集するキュレーションサイトを作ってみたい…と思っています。思っているだけで何もしていませんが…

 

 

【クレジットカード】PayPal不正利用とその後の対応

PayPalで不正利用の被害にあったので、被害の内容と対応内容をメモφ(..)

一応ですが、100億円あげちゃうキャンペーンで話題になった「PayPay」ではなく「PayPal」の方です。まあPayPayもかなりの額の不正利用被害があったようですが…

 

www.paypal.com

 

不正利用の発覚

1月3日

発覚の契機

PayPalは久しく使っておらず、登録メールアドレスが以前使用していたアドレスのままだったので、変更しようと思いログインしようとしたところログインできず…

以前使用していたメールアドレスを久々に覗いてみると、12/20にPayPalからメールアドレス追加のお知らせが来ていました。しかし、その日にアドレスの追加など行っていませんでした…(' ';)

お知らせメールに「心当たりがない場合、不正アクセスか確認するのですぐに連絡して下さい。」的なことが記載されていたので、すぐにサポートに連絡することにしました。

 

サポートへ連絡

下記から電話で問い合わせました。

www.paypal.com

 

最初は自動音声の質問にダイヤルで回答し、最終的にオペレーターに問い合わせ。

以下、会話の概要。

(^ q ^;):私

(◎-◎):オペレーターさん

 

(^q^;)「あの…ログインできなくて…メールアドレスも変わってしまっててパスワードの初期化もできなくて…なんか12/20にアドレス追加のお知らせ来てるんですけど、それ私じゃないので、勝手に変えられちゃったみたいなんですけど…」

 

(◎-◎)「そうですか…それは不正アクセスの可能性が高いですね。ちなみに、12/20にカード番号末尾XXXXのカードで28,000のご利用がございますが、お客様のご利用でしょうか?」

 

(^q^;)「あ、いえ…よく覚えてないんですが多分違うと思いますが…ちょっと確認してみます。」

 

MoneyForwardで利用明細を確認…身に覚えのない28,000の利用歴が/(^o^)\

 

(^q^;)「確認しましたが、使われてますね…でもこれ私じゃないです。」

 

(◎-◎)「不正利用の可能性が高いので、専門の部署に回して調査致します。調査の結果、不正利用だった場合(カード会社に)異議の申し立てを行い、取引を取り消させて頂きます。なお、現在のアカウントは凍結、又は削除させて頂きますが、いかが致しますか?」

 

(^q^;)「削除して下さい。それと、異議の申し立てって初めてなんですが、カード会社とのやりとりはそちらで行っていただけるということですか?」

 

(◎-◎)「はい、こちらでやり取りさせて頂きます。それでは、調査結果が分かり次第、ご連絡致します。」

 

(^q^;)「あ、はい、わかりました。よろしくお願いします。」

 

PayPalの対応

1月3日

問い合わせ直後のメール

問い合わせ後、すぐに以下の内容のメールを頂きました。

・早急に調査し、10営業日以内に調査結果を連絡すること

・顧客アカウントのセキュリティは、常に最優先事項であること

問い合わせから4時間後のメール

取引が未承認だったため、全額返金される旨のメールが来てました。

文字通り最優先で対応してくれたみたいです。

迅速な対応に感謝ですm(_ _)m

 

1月4日

PayPalから改めて調査結果の報告がありました。

・取引が未承認だったため、全額返金されること

・カード会社には返金済みであること

・後はカード会社の処理なので、返金まで一週間~一ヶ月かかること

 

ということで、無事に返金されることになりました (⌒-⌒)

 

不正利用を防ぐために

不正利用の原因

今回は結局全額返金ということで事なきを得ましたが、私のアカウント管理に下記のような問題があったと反省しています。

・古いメールアドレスを登録したまま放置した

・以前、パスワードが流出し脅迫メールが来た際に、銀行やカード会社等の決済絡みのサービスは登録パスワードを変更していたのだが、PayPalはほとんど使っていなかったので、変更するのを忘れていた

 

ちなみに、脅迫メールは以下のようなものでした。以前使用していたことのある本物のパスワードが記載されていたので割とマジで驚きました。

www.itmedia.co.jp

 

不正利用の対策

①登録メールアドレスの最新化

各種サービスに登録しているメールアドレスは最新のものに更新し、身に覚えのないメールアドレスやパスワードの変更メールが来た場合、サポートに連絡する。

②パスワード流出の確認

迷惑メールを確認し、パスワードが流出していないか確認する。上のようなメール来てたら、パスワード変えないと私と同じ目に遭うかもしれません…

③利用明細の確認

身に覚えのない取引がないか、カードや銀行の利用明細を確認すること。明細の確認は一々カード会社や銀行のサイトにログインする必要があるので手間ですが、MoneyForwardに連携させるとまとめて確認できるので便利です。

 

app.seedapp.jp


 

おまけ:PayPal

不正利用の被害に遭ったのはこれが初めてでしたが、PayPalの迅速な対応により、私の中でのPayPal株はむしろ上昇しました。

 

実際の株価も、わずかですが保有しています。PayPalはオンライン決済分野のパイオニアであり、今後もその分野をリードしていくと考えています。

stocks.finance.yahoo.co.jp

investortrader.info

 

ただ、今まであまり使う機会がなく今回の件でアカウント削除してしまったので、また使う機会があるかは微妙ですが…(-_-;)