FinTech Dialy

FinTechのこととかクレジットのこととか。金融・ITの話題を中心に書いていきます。

【ソーシャルレンディング】クラウドクレジット【投資記録】

ソーシャルレンディングクラウドクレジットについてのメモ書き&投資記録です。

 

//サービス紹介

海外事業者向け融資を行うソーシャルレンディングのプラットフォーム。

P2Pレンディング(オンライン個人向けローンサービス事業者)やマイクロローン事業者向けの融資案件が多い。

crowdcredit.jp

 

//特徴

・海外事業者向け融資を行う。

・円建ての他、EURやUSD等の外貨建ての案件もある。

・利回りは5%~で中には10%を超えるものもあり、高め。しかし、10%以上の案件は外貨建てである場合が多いので、為替リスクに注意が必要。

・期間は7ヶ月~最長4年など、幅がある。

・募集案件はmaneoなどと比べるとそこまで多くはないが、いつも何かしら募集中なので、口座資金を遊ばせることはあまりないはず。

 

//良い点/悪い点

〇利回り:10%前後の高利回り案件多数。ただし外貨建ての場合は為替リスクに注意。

〇予定表:分配予定表がグラフになっていて見やすい(下記運用実績の画像参照)

△期間:半年以上の長めの案件がほとんど。

×安全性:融資先は海外のP2Pレンディングやマイクロローン事業者であり、一般の事業者向けローンよりリスクが高いと思われる。

 

//運用実績

・予定分配スケジュール

f:id:natsumedeus:20171115013201p:plain

保有プロジェクト一覧

f:id:natsumedeus:20171115013223p:plain

//運用メモ

・2017年の5月に50万円からスタート。

・まだ運用中であり、償還したファンドはない。

 

//メモ

他の多くのソーシャルレンディング事業者とは異なり海外の案件を扱ているので、宣伝通り分散投資したい場合に。ただしP2Pレンディングはリスク高そう、あとは外貨建ては為替リスクにも注意が必要。