FinTech Dialy

FinTech Dialy

FinTechのこととかクレジットのこととか。金融・ITの話題を中心に書いていきます。

【暗号通貨】父 ( ˙灬˙ )「ビットコインってなに」

って夕飯で父親に聞かれましたw

新聞のテレビ欄で見て気になったらしい(下記番組)。

www.facebook.com

 

初めてビットコインを知る人が気になるであろうことを色々と聞いてきてくれたので、せっかくなのでφ(..)メモ

 

登場人物

私 (^ q ^)

父 ( ˙灬˙ )

母 J( 'ー`)し

 

父にビットコインについて色々聞かれる

①値段

 ( ˙灬˙ )「ビットコインってなに?今日テレビでやるらしいんだけど、最近上がってるんだってね。今いくらすんの?」

 (^ q ^)「この前まで1ビットコインが200万円位だったけど、最近ちょっと下がって今170万位かな。」

 

②株?

 ( ˙灬˙ )「ほー。上がったり下がったりしてるみたいだけど、株みたいなもんなのか?」

 (^ q ^)「仮想通貨だから、株じゃないよ。(ドルに対して)円高になったり円安になったりするのと同じで、円に対して値段が上がったり下がったりしてるよ。」

 

③使い道

 ( ˙灬˙ )「へー。そんで、何に使えるわけ?どこで使えんの?」

 (^ q ^)「ビックカメラとかで使えるよ。後は、ネットで買い物したりとか、別の人の口座に送ったりとか。」

J( 'ー`)し「ビックカメラってカメラとかテレビとか何でも売ってるわよね」

 

④使用法

 ( ˙灬˙ )「どうやって使うんだ?どっかの銀行がやってんのか?」

  (^ q ^)「銀行がやってるわけじゃないよ。世界中にボランティアみたいな人たちがいて、その人たちのコンピューターが送金とかの計算をしてくれるよ。そのお礼みたいな感じで、計算した人はビットコインが少しもらえるよ。」←マイニングの説明…

  (^ q ^)「使うときは、スマホでお店のQRコードを読み込んで、自分の口座からビットコインを支払うよ。」

  ( ˙灬˙ )「1ビットコインが200万だったら、2万円のカメラ買うときとか、どうやって払うんだ?」

 (^ q ^)「0.02ビットコインを支払うよ。」

  ( ˙灬˙ )「そうか、小数点使えるのか!そんで、お前も持ってるのか?」

 (^ q ^)「少し持ってるよ。」

 

⑤計算(マイニング)

J( 'ー`)し「その計算っていうのもやってるの?」

 (^ q ^)「少しやってるよ。」←クラウドマイニングのこと

J( 'ー`)し「すごいわね。」

 

⑥入手方法

 ( ˙灬˙ )「そんで、使ってなくなったらどっから持ってくるんだ?」

 (^ q ^)「取引所で購入できるよ。」

 

⑦入手のタイミング

 ( ˙灬˙ )「いつ買うんだ?値上がりするときに買うのか?」

 (^ q ^)「別にいつでも買えるよ。値上がり目当てで買う人も多いよ。」

 

⑧発祥

  ( ˙灬˙ )「どこの国が発祥なんだ?」

 (^ q ^)「オーストラリアの人が発明したといわれているよ。」←サトシ・ナカモト氏のこと

 ( ˙灬˙ )「ヨーロッパか!」

 (^ q ^)「それはオーストリアだよ。」

 

⑨メリット

( ˙灬˙ )「ビットコインの何がいいんだ?」

 (^ q ^)「銀行が管理してるわけじゃないから、銀行が閉まってる時間とかでも送金できるよ。」

 

⑩デメリット

 ( ˙灬˙ )「なるほどなー。じゃあ、弱点とかあるんか?」

 (^ q ^)「計算してくれる人たちが少なくなると、送金の速度が遅くなったりするよ。」

 

⑪使用の割合

  ( ˙灬˙ )「日本人のどれ位の人たちが使ってるんだ?」

 (^ q ^)「わかんない…まだあんまり多くないんじゃないかな。」

J( 'ー`)し「ご飯おかわりした?」

 (^ q ^)「したよ。ご馳走様でした。」

 

おわり (^ q ^)

 

質問の整理

 見づらいので整理^^;

 ①値段

1月15日現在約180万円。

 

参考:BTC JPY 証券株式相場 | ビットコイン 円 相場 - Investing.com

jp.investing.com

 

②株?

FXって言えばわかりやすかったかも。

 

参考:【徹底調査】仮想通貨と株の7つの違い。おすすめはどっち? | ANGO [ アンゴウ] | 仮想通貨・暗号通貨ブログ

investor-a.com

 

③使い道

パッっと出てきたのはビックカメラだけど、他にも色々。

 

参考:ビットコインが使える店舗まとめ「2017年最新版」 - ビットコイン(仮想通貨)投資日記

bitcoinjim.com

 

 ④使用法

スマホQRコード読み込む他に、カードにチャージするという手も。

 

参考:ビットコインの使い方まとめ!Visaプリペイドカード、Vプリカ、Amazon券、nanaco等を買える!ビックカメラでも利用可能 - The Goal

matsunosuke.jp

 

いつの間にかbitFlyerからVISAプリカ出てたんですね。

参考:bitFlyer VISA プリペイドカードが光臨!メリット・デメリット・お得な使い方まとめ - The Goal

matsunosuke.jp

 

⑤計算(マイニング)

何も知らない人にいきなりマイニングって言っても多分伝わらないよね。

 

参考:ビットコイン(Bitcoin)を生み出す採掘(マイニング)【bitFlyer】

bitflyer.jp

 

NiceHashでクラウドマイニングもしてましたが、盗難事件以降、様子見中です…

参考:NiceHashで仮想通貨をマイニングする手順(マイナーをレンタルする方法) | 暗号通貨 投資道

auto-coin.club

 

⑥入手方法

bitFlyer等の取引所で購入する。

 

参考:仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】

bitflyer.jp

 

⑦入手のタイミング

買いたいときに買う。

 

⑧発祥

サトシ・ナカモト氏はオーストラリアの起業家クレイグ・スティーブン・ライト氏と言われているが謎。

 

参考:サトシ・ナカモト - Wikipedia

 

ちなみに、アメリカのフロリダでピザの購入に使用されたのが最初の取引らしい。

参考:ビットコインの歴史〜誕生から現在まで〜

blockchainexe.com

 

⑨メリット⑩デメリット

bitFlyerの下記記事が完結でわかりやすいと思う(メリットデメリット以外の全体的な話込みで)。

 

参考:ビットコイン(Bitcoin)とは仮想の通貨【bitFlyer】

bitflyer.jp

 

⑪使用の割合

下記記事によれば、『各データを参考にすると、推定では国内で個人投資家ビットコインに投資をしている人は2017年11月で、4%~6%ほどではないかと思います。』とのこと。色々な統計データが記載されており、大変参考になりましたm(_ _)m

 

参考:ビットコイン(仮想通貨)投資を行っている人は何%いるのか?認知度は? | カシコク

kashikoku.info

 

 まとめ

まさかの質問w

親世代には今だテレビの影響力が大きいらしい…

 

そして、やさしい言葉で説明するの難しい><

「暗号」「マイニング」「非中央集権」等…恐らくわからないであろう単語は使わず、できるだけ分かりやすそうな例えを使ったつもりでしたが…

と、知ったかしてますが自分も理解し切れてない部分多いので、認識誤りあればご指摘頂ける有難いですm(_ _)m

 

仕事柄家族からはいつもPC絡みのことで頼りにされて非常に面倒くさい嬉しい限りです^q^

質問への回答は自分の理解を言葉としてアウトプットするよい機会なので、仕事でも私事でもできるだけ答えていきたいと思っています٩( 'ω' )و

 

 

【プログラミング】Zaif取引APIで取引履歴をエクセル出力

正月休みはソシャゲ三昧でしたが、せっかくの休みなのでプログラミングもしました。今回はそのときのφ(..)メモ

 

//Zaif取引APIで取引履歴をエクセル出力

下記記事にまとめた。

qiita.com

 

Qiitaに初投稿。

Markdown記法というのが使いやすい。

ソースコードがこんな感じで、とても見やすく表示される。

f:id:natsumedeus:20180108223054p:plain

 

//職場でのプログラミングと家でのプログラミングの違い

Qiitaではあまり余計なことは書かない方がいい感じ?ぽいので、こちらに。

 

①職場でのプログラミング

〇メリット

・上司や先輩にすぐ質問できる

・作成後、レビューで指摘を受けられる

・専門知識(クレジットのオーソリ)が得られる

 

×デメリット

・期限が決まっている。遅延すると…><

・業務の専門的な知識については、ネットで調べてもわからない場合が多い

・古い化石言語(PL1)

・客先常駐の場合、ネットが使えない場合も…

 

②家でのプログラミング

〇メリット

・時間が自由

・言語も自由

・作りたいものを作れる

 

×デメリット

・リアルで質問できる相手がいない

・ついネットサーフィンしてしまう

・だらける

 

//自動取引について

Pythonでの自動取引システムについて、既に色々な方がシステムを公開していらっしゃったので、参考になる、後で自分でも動かしてみたいと思ったものをφ(..)メモ

 

(1)取引シミュレーション

qiita.com

 

(2)自動売買

qiita.com

 

(3)裁定取引

qiita.com

 

//以前作った自動取引プログラム(失敗作)

ちなみに、以前自分でも自動売買のプログラムを作ったことがある。

bitFlyerAPIを使用して、言語はJavaScript(Node.js)。

買い⇒ちょっと高い値段で売り⇒また買い

みたいな感じで、しばらく売れなかったら損切りで売って、また次の買いを実行する。

 

買い⇒売りを1回ずつ繰り返すつもりが、何回か繰り返してくとまだ買いが約定してないのに次の買いを出す、みたいな感じにバグって使い物にならなかったorz

一応じばらくそれっぽく動く時もあるが…

コードは…バグってるから見せられないよ><

 

 

でも自分で動かせるとそれでけで楽しいってのはあると思います٩( 'ω' )و 

 

 

【決済】自動・半自動レジについて

最近街のスーパーなどで見かけることが増えてきた自動レジ、又は半自動レジについて、考えたこと等をφ(..)メモしておく

 

//自動レジ・半自動レジの処理の流れ

最近、街のスーパーで、自動レジ・半自動レジをよく見かけるようになった。

以下、それぞれについて記載する。

なお、名称は私が勝手につけたので、正式には別の名称が付いていると思われる。

  

1.全自動レジ・手動レジ選択型(並列型)

通常の店員が操作する手動レジと、顧客が操作する全自動レジの両方を併用するパターン。顧客は、好きな方を選択して利用する。

ただし、クレジットカードの一括払い以外(ボーナス払い等)を利用したい場合や、交通系電子マネー等、自動レジで対応していない支払い手段を利用する場合は、手動レジを利用するよう注意書きがしてある。

 

利用の流れを、下記図1に示す。私が訪れた店舗の自動レジ:手動レジの比率は5:4程度だったが、これは店舗により異なるだろう。手動レジは、クレカの一括払い以外等自動レジのシステムが対応していない支払い方法を利用したい場合、或いは、高齢者等自動レジの操作が難しいような場合によく利用されるものと思われる。

 

図1.全自動レジ・手動レジ選択型(並列型)の処理概要

f:id:natsumedeus:20171221004053p:plain

①商品の選択

顧客は、商品棚から欲しい商品を選択する。

②決済(金額計算・支払)

・手動レジ

お馴染みのレジ。店員が商品のバーコードを読み取って金額を集計し、顧客は代金を支払う。店員は代金を受け取り、レシート及び、お釣りがある場合はお釣りを顧客に渡す。

・自動レジ

ルフレジと言った方がイメージしやすいかもしれない。

利用者は自分で商品のバーコードを自動レジに読み込ませ、全ての商品の読み込みが完了後、自動レジの画面にて金額を確定⇒任意の支払い方法(カード/現金等)を選択し、現金/カードを自動レジに投入する。自動レジは、レシート及び、お釣りがある場合はお釣りを返却する。

 

2.自動レジ・手動レジ分離型(直列型)

通常の手動レジの後ろに、精算機を設定してあるパターン。

全自動レジと同様、精算機で対応できない支払い方法は、手動レジ(精算込)で支払う必要がある。

 

利用の流れを、下記図2に示す。私が訪れた店舗では、手動レジ+精算機:手動レジ(精算込)の割合は4:2程度。手動レジ+精算機の場合、1台の手動レジに対し、2台の精算機を設置していた。

 

図2.自動レジ・手動レジ分離型(直列型)の処理概要

f:id:natsumedeus:20171224220021p:plain

①商品の選択

顧客は、商品棚から欲しい商品を選択する。

②金額計算(手動レジ)

店員が商品のバーコードを読み取って金額を集計し、顧客に精算機の番号を伝える

ポイントカードはここで提示する。

③支払(精算機)

利用者は、店員に伝えられた番号の精選機に行き、支払い方法を選択⇒現金/カードを精算機に投入し、支払いを行う。精算機は、レシート及び、お釣りがある場合はお釣りを返却する。

 

 

//導入の背景

少子化による人手不足の顕在化⇒人員削減/業務効率化の必要性

・技術的に、自動レジが可能になった(導入コストも現実的になった?)

 

//自動レジ・半自動レジそれぞれのメリット/デメリット

1.全自動レジ

 〇メリット

・店舗側:全自動レジを導入した分だけ、人員を削減できる

・店舗/顧客:釣銭の誤りがなくなる。

 

×デメリット

・店舗側:1台当たりの導入コストは、半自動レジ(精算機)より高価と思われる

・顧客側:自動レジを使用した場合、自分でバーコードを読み取る手間がかかる。慣れるまで、読み取りに時間がかかるかも

・顧客:高齢者や機械音痴の方の場合、自動レジの扱いに手間取る可能性

 

2.半自動レジ

〇メリット

・店舗/顧客:レジの処理速度向上

・店舗/顧客:釣銭の誤りがなくなる。

 

×デメリット

・自動化されるのは精算処理のみのため、レジの処理速度は向上できるが、人員はあまり削減できないと思われる

顧客:高齢者や機械音痴の方の場合、精算機の扱いに手間取る可能性

 

//開発企業

・自動レジ

 前述の全自動レジは、日本NCR社製だった。正式には、セルフレジって言うらしい。

www.ncr.co.jp

・半自動レジ

 前述の全自動レジは、東芝TEC社製だった。正式には、セミセルフレジって言うらしい。

www.toshibatec.co.jp

 

・メーカー別比較

既にまとめ記事ができていた。大変参考になる。

orange-operation.jp

 

//カードでの支払いについて

個人的にはこの辺が気になったので、考えたこと等メモ

・支払い方法の制限

「クレジットカードの一括払い以外(ボーナス払い等)は自動レジが対応していないため、手動レジで精算をお願いします」みたいな注意書きがある場合がある。

ボーナス払い、分割払い等はあまり利用されない割に複雑な処理が必要だったりするので、これは妄想だが、運用対処(手動レジ使う)ということにして機能削ったりしたのかもしれない。この辺は、後追いで機能追加されるかも。

 

ちなみに、店舗で一括払いで決済しても、カードの設定で自動でリボ払いになるようにすることもできたりする。リボは金利高すぎるので利用するつもりはないが。カード会社的には手数料稼げるのでやたらとリボを推してくるが、先ずはボーナス一括払い等、手数料無しで支払期限を延ばせる方法の利用を推奨したい。

fintechdiary.hatenablog.com

 

・金額の制限

また、「カードでの購入可能額は3万円まで」等と注意書きがある場合もある。

いわゆるフロアリミット(オーソリを省略する場合の限度額)と思われる。

参考1:フロアリミットとは? | 最新!クレジットカード用語解説【クレカ戦隊】

参考2:Yahoo知恵袋-クレジットカードでの支払いで、3万円以上は…

上記参考に記載のように、一定金額以下のオーソリを省略することで、CAFIS等の決済ネットワークの利用手数料の削減及び、わずかだが決済時間の短縮が見込める。

その代わり、カード会社のオーソリを通さないため、不正利用のリスクは上がる。

 

・カードの読み取り方式(スワイプor挿入)

日本NCR:スワイプ方式

お店でカード使ったときに、店員さんがシュッ!てレジの溝にカード通すじゃないですか?伝わりますかね…日本NCRの製品紹介の画像だと見えないので、下記参考。

参考:磁気カードリーダー PDC-30|システムギア

 

東芝TEC:挿入方式

カード挿入口に挿入するタイプ。改札の切符入れるとこみたいなイメージ。

製品紹介の画像が参考になる。

参考:販売現場の人材不足を解決!進化を続ける「セルフレジ」:東芝テック株式会社

 

・認証方式(磁気orIC)

両方のカタログを確認したが、対応してるのはJISⅡと、ISO1&2との記載であった。

よって、IC認証には対応していおらず、磁気ストライプ認証のみに対応している。

 

JISⅡというのは、磁気ストライプの規格のことで、日本の独自仕様。

国際標準はJISⅠ仕様。上記のISO1&2というのは、ピンとこなくて軽くググったが、どうもJISⅠタイプのトラック1、2のことらしい。トラック情報は3まであるのだが、3はほとんど使われていない。

 

磁気ストライプに関しては、下記等が参考になる。

参考1(カード券面の説明):クレジットカード券面の見方 - クレジットカード完全比較

参考2(JISⅠストライプの構造):クレジットカード - Security Akademeia

参考3(カードの表と裏):クレジットカードの表と裏 | クレジットカード徒然日記

 

・IC対応についての心配ごと

「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-【公表版】」によれば、2020年までに全加盟店のIC化を目指すとのこと。

  『改正割賦販売法が遅くとも 2018 年 6 月に施行されることから、決済端末の IC
化についても、その時までの対応を基本とし、最終的には、全加盟店が 2020 年 3
月末までに IC 対応が完了している状態になっていることを目指す。』(26頁より)

www.meti.go.jp

 

今の自動レジは、2020年までに改修が必要だと思うのですが、これ大丈夫なんですかね?それとも、2020年までには完全無人化して、今のシステムは用済みになる予定とか?

 

・加盟店がIC認証を嫌がる理由

色々あるだろうけど…

1.コスト

IC対応端末の導入には当然コストがかかる。

調べると地方自治体の補助金はあるようだが、色々検討したりとか面倒なんだと思う。

 

参考:先進国で遅れをとる日本の「クレジット取引セキュリティ」 | PCI DSS Ready Cloud blog

 

2.決済のスピード

IC認証には暗証番号認証が必要なので、決済のスピードは落ちる。

スピード重視のスーパーとかは、それだと困る。

この辺りは、セキュリティを重視するか、利便性を重視するかで、加盟店により対応が分かれているようだ。

 

参考(IC化の例-東武百貨店):ICクレジットカード対応と携帯POS導入による売場の状況と変化について(上) « ペイメントナビ - カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

参考(サイン/PIN不要の例-マルイ):クレジットカード決済「サインも暗証番号も不要」はどんなとき? - Excite Bit コネタ(1/3)←PINバイパス?仕組みが気になる…

 

 //今後の展開 

正直、自動レジも、半自動レジも、いまいちスマートじゃない…

自動レジも、結局自分でバーコードスキャンさせないといかんし、半自動レジは自動でできるの精算だけだし。

店舗は、現状のコストメリットを考えて最適な物を選択していると思われるが、最終的には、無人店舗化が進んでいくと思われる。

郊外のスーパーの無人店舗化はまだ先だろうが、都心のどっかに無人コンビニができるのは、そんなに時間かからないかもしれない。

無人レジについて

orange-operation.jp

無人店舗について

orange-operation.jp

 ・日本の事例

news.mynavi.jp

 

//最後に

 Amazon Goみたいな世界、夢があっていいよね。

早く体験してみたいわ…

 

なお、図はエクセルのアイコン機能を使って作成した。

いつのまにか追加されてた機能みたいだけど、色んなのがあって楽しいね。

 

最近は決済絡みのネタが豊富で飽きない。

スマホ決済の仕組みとか、クリプトデビットカードの仕組みとか、考えてることや書きたいことは色々あるのだが、ソシャゲの年末イベントが忙しくてつい…

 

クリスマス?ソシャゲのイベントのことですよね??

 

 

 

はぁ…現実ですかそうですか…

 

 

 

では一応言っておきましょう……

 

 

 

 

 

 (*゚∀)ノ.。・:メリークリスマス*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚

 

 

 

 

 

 

【ブログ】ブロガーのコミュニティについて

先日、千夜さんが募集していたWawAppのブロガーコミュニティーに参加しました。

www.senyaitiya.com

気になる方是非ご参加下さいm(_ _)m

 

上記のグループについて、私が最初の参加者だったのですが、そもそも、ブロガーのコミュニティって既にありそうじゃないか?WowApp以外にも良さげなグループチャットアプリって色々あるんじゃないか?

という疑問が生じ、調べました。

 

//グループチャットアプリ
Skype
普及はしてると思うが…
私はここ数年使ってない。時代遅れ感あるかも

・Discord
最近出てきたゲーマー向けのチャットアプリ。
軽くて使いやすくSkypeの上位互換と言わている。

ch.nicovideo.jp

PC/ブラウザ/スマホアプリ版あり。

先日導入したばかりだが、動作はかなり軽く使いやすい。
軽くググったが、ブロガー向けのグループはまだないっぽい。

 

・Skack
最近出来たビジネス向けチャットアプリ。
使ったことないのでわからないが、最近よく目にする単語。

seleck.cc

それっぽいグループを運営してる方が既にいらっしゃったが、参加期限切れでした。

てかそもそも学生ですらない…

rikublog.jp

TwitterグループDM
20人までのグループ作れる。LINEグループみたいに使える?

e-yota.com

 

//ブロガーコミュニティ
・BLOGGERS TEA PARTY
ブロガー向けのサロンがある。有益っぽい感じがするが、実名でFacebookグループに申請しが必要なため、参加は見送った。

lounge.dmm.com

・BLOMU

ブロガーのためのコミュニティ。
Twitter連携でとりあえず私も登録してみた。
良さげだと思ったのだが、グループチャットできない…
お願いしたらそのうち実装してくれるかな?

BLOMU

 

//情報求む

なんというか、アメブロのぐるっぽみたいな感じで、ブロガー同士が話せるような場所ってどこかありますかね?

もしお勧めの場所があったら、教えて下さると有難いですm(_ _)m

 

 

【決済アプリ】『Origami』使ってみた

決済アプリの『Origami』を使ったときのメモφ(..)

 

//アプリ紹介

事前にクレカの番号をアプリに登録しておき、店頭の決済時に店舗側のiPadが表示するQRコードをアプリで読み込み、スマホで決済できる決済アプリ。

origami.com

 

 //参考動画

こんな感じで使う。おサイフケータイ的な感じ。

www.youtube.com

 

//割引

 Origamiを使用して決済すると、割引が適用される。

参考:[更新] Origami Pay ご利用可能な注目店舗をご紹介 vol.1 | Origami

ロフトで5%PFF、AOKIで10%OFFなど。

 

アプリ普及のためなんですかね。

なお、割引の原資はOrigamiが負担している。

参考:スマホ決済サービス「Origami Pay」の魅力とは? « ペイメントナビ - カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

//Origamiを使ってみた

といっても、今年の1月の話なのだが。

AOKIで靴を購入する際、店員さんに勧められてアプリをインストールし、そこで初めて使用した。

・表:ライフカードの利用歴

f:id:natsumedeus:20171217224641p:plain

上記画像の通り、Origamiで決済すると、明細上では『加盟店名(オリガミ)』という表示になるっぽい。

 

正月セールのDM見て靴買いに行ったわけだけど、元旦に靴買うってどうなのよ。

年中無休って考えれば結構過剰なサービスだよね。

元旦くらい皆休もうよ…

 

 

//使用感

支払自体はスムーズだったが、そもそもアプリ起動させるのが面倒。今回は、10%という高額な割引に惹かれたのと、新しい決済方法を試してみようと思ったため、使ってみた。おサイフケータイ系のアプリは、アプリ起動させるのが面倒なので、今回以前・以後、使っていない。

 

私の主要な決済手段の優先順は、

Suica②クレカ③現金

の順。

 

関東圏在住で、ほとんど家と会社の往復しかしないのであれば、日常の支払いはほとんどSuicaで済む。ネットショッピングは、クレカで済む。どちらも使えない場合は仕方なく現金を使う。現金はポイントが付かないし、無駄に小銭が溜まって財布が圧迫されるので、極力避けたい。

 

支払の使い勝手に関しては、Suicaが一番楽だ。一言「Suicaでお願いします」と言って、ポケットから財布を出して端末の上に「ポン」と乗せれば5秒~10秒で済む。

 

我儘な話だが、個人的には「アプリを起動させる」というワンクッションすら面倒に感じる。

 

なお、Apple Payは、Suicaをエクスプレス設定すれば改札等で毎回アプリを起動する必要はないらしい。

参考:Apple Pay利用の際、毎回アプリを起動する必要はありますか? | ビューカード>FAQ

どこの店舗でも、アプリの起動なしでスマホを端末にかざすだけで決済が済むようになれば、私もモバイル決済系のアプリの使用を始めるかも。

 

//アプリのレビュー

Googleストア

QRコード読み込むのに時間がかかって困ったとか、店員さんも慣れてなくて上手くいかず、結局他の方法で支払ったみたいな話がちらほら。この辺は今後アプリの改善、店舗従業員への指導等で改善していくと思われる。

play.google.com

Appleストア

Appleストアのレビュー1件しかない?あんまり使われてないい?

 

//加盟店観点でどうか

法人向けの説明は下記参照。

origami.com

 

・集客

Origamiを使えば5~10%の割引になるが、その原資はOrigami側が負担するので、加盟店側は、割引を売りに集客できる(それにより、Origami側はアプリを普及できると思われる)。

参考(再掲):スマホ決済サービス「Origami Pay」の魅力とは? « ペイメントナビ - カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

・セキュリティ

改正割賦販売法により、カード加盟店は2018年3月末までに、カード情報の非保持化、又はPCIDSS(カード決済のセキュリティ標準)準拠が必要となる。

Origamiを使用すれば、カード情報を非保持化できる。

参考:カード情報の非保持化対応|トークン方式|決済方法|通販事業者|通販・ECの決済代行サービス|ヤマトフィナンシャル

参考:クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画2017(「実行計画2017」)を取りまとめました~国際水準のクレジットカード決済環境の整備を進めます~(METI/経済産業

 

・コスト

ipadにアプリをインストールするだけなので、通常のカード決済に使用するCAT端末・POS端末の導入に比べ初期費用は断然安い。SquareのようなPOSレジアプリのように、端末の導入コストが高く、今までクレカ決済を導入できなかったような店舗にも広がるか?

 

また、VISA/MASTERブランドに対応で決済手数料 3.25%。

JCB/Amex/Diners/銀聯は対応してない。今後対応ブランドは増える?

決済手数料は、カード加盟店の加盟店手数料が大体3~5%と言われているので、若干安い程度なのだろうか。

参考:加盟店手数料

 

//クレジットカードデータ利用に係るAPI連携に関して

 気になるニュース発見。銀行APIは色々話題になったが、クレジットの方は出遅れてるっぽいので、今後の進展に期待。

・Origamiの記事
about.origami.com

 ・経済産業省の資料

www.meti.go.jp

 

//最後に

 Origami以外にも、決済、クレジット関連中心に新しいアプリの情報を漁っているので、気になるものは見つけ次第Twitterに情報垂れ流していく。

最近気になったのは、CASHとかJ.Scoreとか。

・CASH

最低取引金額1000円で話題になったアプリ。

cash.jp

・J.Score

AIスコア・レンディング。

promo.jscore.co.jp

 まだ試せてないが、もし試したら記事にしたい。